お金を借りる。借金返済、債務整理などお金にまつわるお悩みを解決する情報集

レンタビ

お金借りる

無金利でお金借りる方法まとめ※リスクなしですぐ借りるには?

投稿日:

このページは無金利でお金を借りる方法を詳しくまとめてご紹介しています。

お金を借りる際には基本的に金利を加算して返済していく必要がありますが、実は無金利でお金を借りる方法はいつくか存在します。

 

このページでまとめていること

公的機関で無金利でお金を借りる方法と条件は?
カードローンにも無金利キャッシングがある!?
個人間で無金利でお金を借りる際の注意点は?
無金利が無理なら究極の低金利でお金を借りる?

 

など、無金利でお金借りる方法について徹底調査しました。

 

無金利でお金を借りる方法一覧

名称 対象者 年齢条件 借入可能金額 申込み場所
生活支援費 ・失業中である
・自営業や会社経営者でない
65歳未満 単身世帯:毎月15万円以内
2人以上の世帯:毎月20万円以内
市区町村の社会福祉協議会
住宅入居費 ・賃貸契約の費用が不足している
65歳未満 月40万円以内
(保証人有は無金利)
市区町村の社会福祉協議会
一時生活再建費 ・滞納した公共料金を払えない
・債務整理のための費用がない
65歳未満 月60万円以内
(保証人有は無金利)
市区町村の社会福祉協議会
福祉費 ・年金や健保料が支払えない
・出産・葬祭など費用がない
65歳未満 580万円以内
(保証人有は無金利)
市区町村の社会福祉協議会
緊急小口資金 ・飢え死にしそう
・住む場所がなくなる
65歳未満 月10万円以内
(無金利期間12ヶ月)
市区町村の社会福祉協議会
教育支援費 ・世帯収入が基準以下
・授業料などが支払えない
65歳未満 <高校>月3.5万円以内
<大学>月6.5万円以内等
(返済計画以内なら無金利)
市区町村の社会福祉協議会
修学支度費 ・世帯収入が基準以下
・入学にかかる費用が出せない
65歳未満 月50万円以内
(返済計画以内なら無金利)
市区町村の社会福祉協議会
不動産担保型生活資金 ・不動産があるが生活費が不足
・65歳以上のみの構成世帯
65歳以上 月30万円以内
(保証人有は無金利)
市区町村の社会福祉協議会
母子父子寡婦福祉資金貸付金 ・母子家庭、父子家庭、寡婦家庭
・20歳未満の児童を扶養している
65歳未満 修学:<高校>月3.0万円以内等
他、就業や生活資金等
(修学資金以外保証人有は無金利)
市区町村の社会福祉協議会
プロミス ・初めてプロミスを利用する人
・安定した収入のある人
20?69歳まで 500万円以内
(30日間無金利)
WEB・フリーコール
アコム ・初めてアコムを利用する人
・35日ごと返済契約の場合
20歳~年齢制限なし 800万円以内
(30日間無金利)
WEB・フリーコール・自動契約機
レイクALSA ・初めてレイクALSAを利用する人
・安定した収入のある人
20?70歳まで 30日無金利:500万円以内
180日無金利:200万円以内
WEB・フリーコール・自動契約機
アイフル ・初めてアイフルを利用する人
・安定した収入のある人
20?69歳まで 800万円以内
(30日間無金利)
WEB・フリーコール・店舗・自動契約機

 

公的機関の生活福祉資金貸付制度を利用してお金を借りる


日本には定められた収入以下の世帯を対象に無金利、もしくは低金利でお金を貸す制度があります。

折角の制度ですが、宣伝などもなく実はあまり知られていないのが現状です。

 

当然ですが、誰でも借りられるわけではないのでお金を借りたい場合、まずは詳細を知ることから始めましょう。

 

この生活福祉資金貸付制度には5つの種類があります。

それぞれいくらくらい借りられるのか、金利はどれくらいなのか、利用する条件のことなどを調べてまとめました。

 

貸付を考えている方は、ぜひ、手段の一つとしてご参考にしてください。

 

生活が困窮している人を救済する「総合支援資金貸付」


総合支援資金貸付は、定まった収入がなく、日々暮らす家賃すら払えない状態の人が利用できる制度です。

 

利用するために必要な条件は以下の通り。

○失業中である
○申請時年齢65歳未満である
○自営業や会社経営者でない
○生活保護を受けていない
○公的年金を受給していない

 

これらの条件をクリアしている人が借りられる制度で、種類は3つあります。

申込み窓口は住居のある市区町村の社会福祉協議会になります。

 

生活支援費

総合支援資金の基本となる支援金で、生活再建までの間に必要な生活費を借りられます。

単身世帯は毎月15万円以内で、2人以上の世帯は毎月20万円以内まで。

いずれも3ヶ月から最大1年の期間で分割貸付となります。

 

住宅入居費

生活支援費のオプションで、敷金、礼金など家の賃貸契約のために不足している費用を借りられます。

40万円以内を一括で借りられます。

 

一時生活再建費

生活支援費のオプションで、生活再建のために生活費でまかなえない一時的な費用を借りられます。

例として、滞納している公共料金、債務整理のための経費、就職を前提とした資格取経費など。

40万円以内を一括で借りられます。

 

障害者や療養介護が必要な高齢者対象の「福祉資金」


福祉資金は、やむを得ない理由でお金が必要、かつ自分で資金を準備できない人が利用できる制度です。

 

大きく分けて福祉資金の種類は、福祉費と緊急小口資金の2つです。

申込み窓口は住居のある市区町村の社会福祉協議会になります。

 

福祉費

福祉費の利用目的には色々なものが認められます。

 

主な利用目的と限度額については以下の通り。

○年金や健康保険料の支払いや食費など日常生活費
○出産や葬祭に関する費用
○必要に迫られた引越しに必要な費用

などについては50万円以内一括支給。

 

○怪我や病気による療養費
○介護、障害者サービスを受ける費用

などについては170万円以内一括支給。

 

○災害を受けて臨時的に必要な費用

については150万円以内一括支給。

 

この他にも認められる利用目的がありますので当てはまらない場合は市区町村の社会福祉協議会に確認しましょう。

 

緊急小口資金

今すぐにでも飢え死にしてしまう、住む場所がなくなってしまうなどの緊急を要する場合に利用できます。

10万円以内を一括で借りられます。

 

高校生以上の子供の教育を目的とする「教育支援資金」


教育目的のみの利用で、教育費を必要としている世帯が利用できます。

教育支援資金の種類は教育支援費と修学支度費の2つ。

 

ただし、これらの支援資金は日本学生支援機構の奨学金が優先で受けられなかった場合に限ります。

申込み窓口は住居のある市区町村の社会福祉協議会になります。

 

教育支援費

高校、短大、高等専門学校、大学の授業費で、施設費などの必要経費のために利用できます。

部活動、習い事、塾・家庭教師代などの費用は認められにくいので確認が必要。

 

それぞれの貸付限度額については以下の通り。

○高校 毎月35000円以内(分割貸付)
○高等専門学校・短期大学 毎月60,000円以内(分割貸付)
○大学 毎月65,000円以内(分割貸付)

※限度額の1.5倍まで借り入れ可能です。

 

修学支度費

高校、大学、高等専門学校の入学時にかかる入学費、教材費、制服費などのために利用できます。

参考書や予備校など入学準備費は認められにくいので確認が必要。

50万円以内を一括で借りられます。

 

不動産を持つ低所得の高齢者が対象の「不動産担保型生活資金」


住み慣れた地域にずっと住み続けたいと考える高齢者を対象に、不動産を担保にして生活資金を貸す制度です。

自分の所有不動産を活用して生活費を借り入れられるため、高齢者にとって有効的です。

 

申込み窓口は住居のある市区町村の社会福祉協議会になります。

 

利用条件

○不動産に抵当権や賃借権などが設定されていない
○借入する人もしくは同居する配偶者が所有する不動産に居住している
○世帯の構成が配偶者と親以外にはいない (65歳未満の人がいない)
○借入する世帯が市町村税の非課税世帯もしくは均等割課税世帯同党の低所得である

限度額と貸付額

居住(所有)不動産の評価額の70%までを借りられます。

ただし、評価額は1500万円以上なくてはなりません。

 

貸付額については3ヶ月まとめて支給で毎月30万円以内まで、臨時の増額も可能です。

 

貸付期間と償還期限

貸付期間は借受人の死亡時までもしくは貸付限度額に元金が達するまでとなります。

償還期限は借受人死亡までもしくは契約終了時まで。

 

償還の担保は不動産の根底当権、推定相続人から連帯保証人を選任します。

 

ひとり家庭の父母の経済的自立を支援「母子父子寡婦福祉資金貸付金」


母子家庭、父子家庭、寡婦家庭の世帯を対象に、親や子供の経済的自立のために利用できる制度です。

貸付対象が子供となる修学資金や修学支度資金、母・父・寡婦が対象となる生活資金や医療介護資金など多くの種類があります。

 

子供対象の貸付金

修学資金

高校、高等専門学校、大学、大学院、専修学校に修学するための資金

〈高校(公立) 〉18,000円
〈高校(私立) 〉30,000円
〈高等専門学校〉32,000円
〈短大、専修学校〉53,000円
〈大学(公立) 〉45,000円
〈大学(私立) 〉54,000円
〈大学院修士課程〉88,000円
〈大学院博士課程〉122,000円

据置期間は6ヶ月で償還期間は10年以内、大学院は20年以内になります。

 

修学支度資金

高校、高等専門学校、大学、大学院、専修学校の入学に必要な資金

〈高校(公立) 〉150,000円
〈高校(私立) 〉410,000円
〈高等専門学校〉410,000円
〈短大、専修学校〉580,000円
〈大学(公立) 〉370,000円
〈大学(私立) 〉580,000円
〈大学院〉580,000円

据置期間は6ヶ月で償還期間は10年以内、大学院は20年以内になります。

 

就業資金

事業の開始もしくは就職に必要な知識や技能を習得するためにかかる資金

月額68,000円(運転免許取得の場合は460,000円)

据置期間は知識技能習得後1年で償還期間は6年になります。

 

母・父・寡婦対象の貸付金

生活資金

知識や技能習得期間、医療や介護期間、家庭になって7年未満、失業中に必要な生活資金

〈知識や技能習得期間〉 月額141,000円 据置期間6ヶ月で償還期間10年
〈医療や介護期間/失業中〉 月額103,000円 据置期間6ヶ月で償還期間5年
〈家庭になって7年未満〉 月額103,000円 据置期間6ヶ月で償還期間8年

 

住宅資金

住居の建設、購入、補修、保全、改築に必要な資金

貸付限度額が1,500,000円で据置期間6ヶ月・償還期間6年

 

医療介護資金

医療もしくは介護のために必要な資金

貸付限度額は医療340,000円、介護500,000円 据置期間6ヶ月・償還期間5年

 

その他、就職支度資金、事業開始資金、事業継続資金などがあります。

 

無金利のカードローンを利用してお金を借りる


数あるカードローンには無金利のサービスを展開している業者もあります。

ただし、無金利というおいしい話にはもちろんそれなりの条件がつきもの。

 

無金利ローンを利用する際に最も注意するべき点は、定められた無金利期間がどれくらいかです。

無金利だからと手軽に借りてしまい、後々返せないとなると金利をきっちり払うことになります。

 

計画的に利用するのであれば問題ありませんが、無金利だからと気軽に利用するのはやめましょう。

 

無金利で借りることのできるカードローン会社まとめ


無金利のカードローンは無金利になる期限が決まっているとはいえ、やはり便利なサービス。

短期間で返済目安がついている場合や、お試しで借りてみたいと考える人にはとても便利です。

 

しかし、今カードローン会社はたくさんあって信頼できる会社を選ぶのは意外と大変。

そんな人に無金利で利用できるオススメのカードローン会社をいくつかピックアップしました。

 

無金利のカードローンを利用したいと考えている人に、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

プロミス


プロミスのカードローンは30日間無金利サービスとなります。

借入をした日の翌日から数えて30日間が無金利です。

 

無金利ローンが利用できる条件は以下の通り。

○初めてプロミスを利用する人
○20?69歳の安定した収入がある人

 

その他、メールアドレスとウェブ明細利用の登録が必要になります。

通常の申込みで無金利となり、ウェブ明細利用で借入の詳細を常にチェックできて安心です。

自宅や職場などに利用明細などが届くことはありません。

 

プロミスの申込み方法や借入条件│金利・限度額・返済方法まとめ

プロミスの申込み方法、借入条件、金利や限度額、そして返済方法などを詳しくまとめたページです。 このページでまとめていること プロミスってどんな申込み方法があるの? どんな条件で借入できるの? いくらま ...

 

アコム


アコムのカードローンは30日間無金利サービスとなります。

契約をした日の翌日から数えて30日間が無金利です。

 

無金利ローンが利用できる条件は以下の通り。

○初めてアコムを利用する人
○返済日を35日ごとに設定した場合

 

アコムの無金利サービスの特徴は、借入した日からではなく契約をした日の翌日から無金利期間が始まることです。

35日ごとの返済は借入日からの計算になりますが、無金利の期間に返済したい場合は十分に気をつけましょう。

 

レイクALSA


レイクALSAのカードローンは30日間と条件付き180日間の無金利サービスがあります。

契約をした日の翌日から数えて30日間もしくは180日間が無金利となります。

 

無金利ローンが利用できる条件は以下の通り。

○初めてレイクALSAを利用する人
○180日間の場合は5万円まで(5万円以上の場合は通常金利適用)

 

無金利の間に返済しない場合、2種類の無金利ローンを比較してみると…。

毎月返済を1?5万円に設定した場合、借入金28万円までは180日間無金利の方がお得です。

 

29万円以上の場合は30日間無金利の方を利用するといいでしょう。

レイクALSAもアコム同様、無金利期間が契約した日の翌日からの計算になるので注意しましょう。

 

アイフル


アイフルのカードローンは30日間無金利サービスとなります。

契約をした日の翌日から数えて30日間無金利です。

 

無金利ローンが利用できる条件は以下の通り。

○初めてアイフルを利用する人
○20?69歳の安定した収入がある人

 

契約書類やカードの受け取りは郵送を街頭にあるローン契約マシンから選べます。

郵送においても配送時間を指定できるなど細かい配慮があるので家族に知られたくない人でも安心。

 

アイフルもアコム同様、無金利期間が契約した日の翌日からの計算になるので注意しましょう。

 

親、親戚、友人(個人間)から無金利でお金を借りる


無金利でお金を借りる手段として、金利などを気にしなくても良い親や親戚、友人に借りる方法もあります。

身近な人にお金を貸して欲しいという遠慮や気恥ずかしさはあるものの、確実に返すアテがあるなら最も安心の方法です。

カードローンを利用すれば信用情報にも残るのでその点でも助かります。

 

ただし、安心できる相手だからこそ、甘え過ぎてしまわないように注意が必要です。

身近な人に借りる場合、トラブルにならないよう返済に関する事項をきちんと決めてお願いすることが大切です。

 

借りるときの注意点

必ず返済期日を決める

親、親戚、友人など身近な人に個人間で借金をする場合は、特に返済期日など返済に関する事項を必ず決めましょう。

親しい間柄ほど曖昧になりがちなのでマナーを忘れないこと、親しい仲にも礼儀ありです。

 

貸した側にしてみれば、好意で貸しているのにきちんと返済されなければイライラします。

信頼関係を壊さないためにも借りる側はできる限りの準備をしましょう。

 

借用書を作成する

書面として残しておくのはとても大切なことです。

親しい仲の場合、貸す側は相手を信用していないと思われるのでは?と借用書の作成を言い出しにくいものです。

 

しかし、お金の貸し借りは曖昧にすることが最も信頼関係を壊す原因です。

お互いの思い違いや行き違いがないように必ず借用書を作成しましょう。

 

借用書の内容は最低でも以下の内容を入れること。

○お金を借りた日
○借りた金額
○いつまでに返済するかなど返済方法
○金利はいくらにするか
○返済が遅れた場合の損害賠償方法

 

借用書のテンプレートや書く時の注意点などをまとめているこのページ(すぐ使える借用書テンプレート5選|間違ったら大変!書き方の注意点)も参考にしてみてください。

 

高額な場合は公正証書にする

高額な借入を申し出る場合、相手にも信用してもらえるように公正証書にしておくことも有効です。

借用書のみでは私文書のままなので、公証役場にて借主と貸主が出向いて公証人の元、公正証書を作成します。

 

無金利では無いけど究極の低金利でお金を借りる


無金利でお金を借りるのが一番ですが、それなりの条件があるのがネック。

金利が高ければ返済も比例して額が増えることは避けられません。

 

なるべく金利の安い方法を選んで無理のない返済をしていくことが一番です。

無金利とまではいきませんが、実は思ったよりも身近なところにかなりの低金利でお金を借りられる方法があります。

 

その方法は3つ、以下にその詳細をご紹介します。

無金利で借入ができなかった人などに、ご参考にしていただければと思います。

 

定期預金を担保に借りる


定期預金をしている場合、その預金を解約せず、預金を担保に借入ができます。

利用条件は「総合口座を持っている」「総合口座内に定期預金がある」こと。

 

一部の銀行においては年齢制限を設けている場合があります。

定期預金担保の貸付は多くの場合、年利1%以下から1%台と低金利になっているのが特徴です。

 

利用方法はとても簡単で、普通預金の口座に残高よりも多く引き出した場合、マイナスの分が自動的に貸付となります。

よって、定期預金担保貸付ではなく、自動貸付、当座貸越、自動融資などをネーミングされている銀行がほとんどです。

 

生命保険の契約者貸付を利用する


生命保険の契約者貸付とは、契約している保険会社から解約返戻金の一部を借り入れできる制度です。

生命保険とは、自分のための積立金ですが、支払われる期限までは保険会社のものであり、そこから借り入れる形になります。

 

借り入れる方法や限度額、返済方法については、保険会社によって異なりますが、金利は2?6%と低いのが特徴です。

店頭・担当者に申し込む、電話・ホームページから申請、ATMで直接引き出しなどの方法があります。

 

年金を担保に借りる


年金を担保に借りる年金担保貸付という方法もあります。

これは国の独立行政法人福祉医療機構が行なっている合法的な借り入れで、国民年金、労災年金、厚生年金が担保の対象です。

 

利用条件は、

○国民年金・厚生年金保険証書
○国民年金証書
○厚生年金保険証書
○船員保険年金証書
○労働災害補償保険年金証書

のいずれかを持っていて、なおかつ現在年金の支給を受けている人。

 

また、これまでに年金を担保に借り入れをしていない人、生活保護を受けていない人が条件です。

借入限度額は10?200万円以内で、年金支給額の80%以内となります。

 

毎月の返済額は1万円以上で年金支給額の三分の一までという配慮があり、さらに金利は1.1?1.8%と低金利なのが特徴です。

 

まとめ


公的機関から消費者金融業者など、無金利や低金利で融資を受けられる方法やそれぞれのリスクについて紹介しました。

いずれにおいても条件がありますが、全てにおいて言えるのは計画的に借りることが重要だということです。

 

借り入れをする場合は、自分にはどれが当てはまるのか、最低でもどれくらいの融資が必要かをしっかり検討しましょう。

 

また、返済について無理のない方法を考えること、自分の信頼をなくさないように注意しましょう。

-お金借りる
-, , , , ,

Copyright© レンタビ , 2018 All Rights Reserved.