お金を借りる。借金返済、債務整理などお金にまつわるお悩みを解決する情報集

レンタビ

お金借りる

すぐ使える借用書テンプレート5選|間違ったら大変!書き方の注意点

投稿日:

お金を借りたことを証明するための証書「借用書」のテンプレート(雛形)の手に入れ方や書き方の注意点、その他借用書を書く際に知っておきたい情報をまとめてみました。

借用書は正しい構成と書き方をしなければその文面の証拠能力を失い、貸主はもちろん、お金を借りた側にも大きなトラブル発生の原因になります。

 

このページでまとめていること

借用書のテンプレート(雛形)はどこで手に入る?
借用書の書き方の注意点は?
借用書を書くときに知っておくほうがいいことは?

 
など、お金を借りて借用書を作成する人、そして貸主として借用書を受け取る人のために詳しくご紹介しています。

皆様の参考になればうれしいです。

 

借用書テンプレート(雛形)のダウンロードが可能なサイトまとめ


借用書テンプレート(雛形)はいろんなパターンがあり、必要に応じて様々なサイトでダウンロードすることが出来ます。

 

「借入金額」「借入日」「返済日」「利息」など最低限の記載事項のみのシンプルな借用書から、「連帯保証人付の貸付」や「特約付」、「分割払い」「担保の有無」など様々。

金銭以外として「物品」「車両」「資料」などの借用書もあります。

 

ここではお金を借りる(貸す)際に必要な借用書のテンプレートをダウンロード出来るサイトをいくつかご紹介していきます。

 

書式の王様(bizocean)


書式の王様は、全10種類の借用書テンプレートをダウンロード出来るサイトです。

全て無料でダウンロード可能ですが、実際にダウンロードするためには会員登録(無料)をする必要があります。

借用書のテンプレートは全てWordデータで作成されているため、お手持ちの端末にWord(もしくは互換ソフト)がインストールされている必要があります。

書式の王様へ

 

文例書式テンプレート集


文例書式テンプレート集は、Word・EXCEL・PowerPointの文例テンプレートを全て無料でダウンロード出来るサイトです。

借用書のテンプレートはWordとEXCELで全2種類用意されています。

非常にシンプルなテンプレートのため、必要に応じて変更や追記をする必要があります。

文例書式テンプレート集へ

 

[文書]テンプレートの無料ダウンロード


[文書]テンプレートの無料ダウンロードは、全80ジャンルの様々な文書のテンプレートが出来るサイトです。

借用書のテンプレートのほとんどはWordで作成されていますが、一部EXCELもあります。

[文書]テンプレートの無料ダウンロードへ

 

無料テンプレートダウンロード


無料テンプレートダウンロードは全て完全無料、無登録で337個のテンプレートをダウンロード出来るサイトです。

借用書のテンプレートは2種類から選べます。

無料テンプレートダウンロードへ

 

ひな形ジャーナル


ひな形ジャーナルは、Word、EXCEL、Numbers、Pagesなどのテンプレートを無料でダウンロード出来るサイトです。

ただし利用するには無料会員登録が必要です。

借用書のテンプレートはWordかPagesを選べます。

ひな形ジャーナルへ

 

借用書の書き方の注意点


借用書には返済日をはじめ、条件や金利などしっかりと記載しなければトラブルの原因になります。

そこでここでは借用書の書き方の注意点についてご説明します。

 

返済日


返済日の書き方は「●年○月▲日」のように記載するのが一般的です。

その際には西暦ではなく、年号を使用するようにしてください。

 

また定めた返済日を超過した場合、一括返済を求める条件も一緒に記載しておくと安心です。

 

借用書に返済日、返済期限の記載は絶対に必要です。

返済日が記載されていなければ、一定期間返済がない場合の催告が難しくなってしまいます。

 

「○○までに返済と書かれていないから催告される筋合いはない」
「返済日が決まっていないから催促できない」

といったトラブルを引き起こしかねません。

 

お互い納得した上で、しっかりと返済日を決めましょう。

 

収入印紙


借用書に収入印紙の貼付をしなくても借用書そのものの効力を失うことはありません。

収入印紙の貼付は税法上における義務、というだけです。

 

ただし、後々になって本来貼るべき収入印紙を貼っていないことが発覚したとします。

その場合には本来の印紙税額だけでなく、その2倍の金額が「過怠税」として課せられます。

 

本来支払うべき税金よりも3倍もの金額を支払わなければなりません。

万が一忘れていた、という場合にも後から自己申告するという方法もあります。

この場合、本来の印紙税額の10%をプラスした過怠税を支払います。

 

また、借用書に貼る印紙額は下記の通りです。

・1円から9,999円…非課税
・10,000から100,000…200円
・100,001から500,000…400円
・500,001から1,000,000…1000円
・1,000,001から5,000,000…2000円
・5,000,001から10,000,000…10000円
・10,000,001から50,000,000…20000円
・50,000,001から100,000,000…60000万円
・100,000,001から500,000,000…100000万円

 

後になって大きな損をしてしまわないためにも、収入印紙の貼付を忘れないようにしましょう。

 

金利


借用書には必ず金利を記載する必要がありますが、金利には上限が決まっています。

それが利息制限法です。

利息制限法の上限金利を超えての貸付は、たとえ身近な人に対してでも民事上無効になります。

 

利息制限法における金利の上限額

元金が100,000円未満であれば上限は年20%まで
100000円以上1000000円未満であれば上限は年18%まで
1000000円以上の場合は上限は年15%まで

 

借用書を書くときに知っておくほうがいいこと


ここでは「金銭消費賃貸契約書との違い」「貸付金額表示」「筆記用具と署名」をご説明します。

借用書を書くときに知っておくと不要なトラブルを防げます。

 

借用書と金銭消費貸借契約書との違い


借用書と金銭消費貸借契約書は、法的な効力に違いは無く、記載する内容も基本的には同じです。

ただし借用書は借主で作成し貸主に提出するのに対し、金銭消費貸借契約書は借主と貸主双方が署名し保管します。

金銭消費貸借契約書作成時に連帯保証人がいれば貸主と借主併せて3人で保管することとなります。

 

つまり、金銭の貸し借りに関係した人全員で保管することから、金銭消費貸借契約書を作成した方が後のトラブルを防ぐ効果が高いです。

金額が高額であったり、返済が分割の場合には借用書よりも金銭消費貸借契約書が安心です。

 

一般的に個人間での貸し借りでは借用書、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りる場合には金銭消費貸借契約書となります。

 

貸付金額表示


借用書に貸付金額を記載する際には、算用数字ではなく漢数字を使用します。

これは漢数字の方が改ざんが困難だという理由です。

 

1/壱
2/弐
3/参
4/四
5/五
6/六
7/七
8/八
9/九
10/拾
100/百
1000/千
10000/万

 

金額の前に「金」、金額の後に「円」を付けます。

この際、空白を入れないようにしましょう。

(例)
150,000円 → 金拾万円
1,250,000円 → 金百弐拾五万円

 

筆記用具と署名


借用書を書く時には鉛筆書きはNGで、ボールペンで書くのが基本です。

ただ、ボールペンでも最近人気の消せるボールペンは鉛筆と同じ扱いになります。

 

署名をする場合には、ボールペンで直筆が鉄則です。

代書では無効になります。

借用書の効力を高めるためには、署名と一緒に印鑑証明書を添付した上で実印も押しておきます。

 

まとめ


今回は借用書のテンプレートをダウンロード出来るサイトをご紹介させていただきました。

また借用書を作成するにあたっての書き方や注意点なども是非参考にしてみてください。

 

個人間でのお金の貸し借りの場合、借用書を作成しないケースも多いようです。

しかしお互いの信頼を維持するためにも、きちんと効力のある借用書を作成することが大切です。

-お金借りる
-, , , ,

Copyright© レンタビ , 2018 All Rights Reserved.