お金を借りる。借金返済、債務整理などお金にまつわるお悩みを解決する情報集

レンタビ

お金借りる

専業主婦がお金を借りるすべての方法|主婦でもお金を借りられるの?

投稿日:

専業主婦がお金を借りる方法やおすすめのカードローンなどをまとめたページです。

このページでまとめていること

専業主婦でも借りれるカードローンはどこ?
即日カードローンを利用する方法は?
夫に内緒でカードローン契約するためには?
専業主婦だと審査は厳しくなるの?
クレジットカードのキャッシングはできる?

など、専業主婦がお金を借りるすべての方法を詳しくご紹介しています。

パートをしていない主婦でも借りれるの?夫に内緒でお金を借りたい!など、専業主婦の皆さんの参考になればうれしいです。

 

Contents

専業主婦でもOK!便利なカードローン


安定した収入のない専業主婦でもカードローンを便利に利用することが可能です。

子供の習い事の月謝が足りない、今月はちょっと家計がピンチ!そんな時にカードローンが利用できると安心です。

 

ここではパートやアルバイトをしていない専業主婦がどのようにしてカードローンを利用するのかをご紹介します。

カードローンの探し方から利用するまでの準備などについて知りたい方にご参考にしていただければと思います。

 

専業主婦向けカードローンは低金利?


収入のない主婦ができるだけ低金利でカードローンを利用する場合は銀行カードローンのみになります。

カードローンといえば銀行系や消費者金融のどちらかになりますが、消費者金融は対象外となります。

 

これは総量規制という法律によって年収の3分の1までしか貸せず年収のない専業主婦は利用できないからです。

一方銀行カードローンの場合は銀行方で運営されており総量規制は該当しないため、専業主婦でも利用OKです。

 

配偶者貸付なら専業主婦でも借入OK?


配偶者貸付とは、お金を借りたいけど収入がないと悩んでいる主婦に向けた消費者金融のサービスです。

配偶者に年収があり、総量規制を元に収入の3分の1までを利用限度として借入できます。

 

すでに配偶者に借入があった場合は、それが差し引かれた金額となり夫婦合算で収入と借入を検討されます。

ただし、サービス自体は専業主婦用に限度額や金利が設定され、申込み条件は配偶者の安定した収入です。

 

ですから、配偶者貸付の審査では配偶者の信用情報が照会されるため、下記の書類が必要となります。

○配偶者の同意書
○婚姻関係を証明する書類
○住民票(事実婚の場合未届けの記載のあるもの)
○配偶者の収入証明書(50万円以上の借入希望の場合)

専業主婦がカードローン利用する場合の必要書類は?


専業主婦がカードローン申し込にみに準備しておくべき書類は本人確認書類のみです。

本人確認書類とは、運転免許証、パスポート、保険証などいずれか一つでOKの場合がほとんど。

 

特にどのカードローンでも推奨されているのは運転免許証で信用性が高くなります。

50万円以上の借入は基本的に専業主婦一人ではできません。

 

収入証明書や源泉徴収票など収入がわかる書類を用意する必要があり、よって配偶者貸付となり、配偶者の同意が必要です。

 

専業主婦がパートをすれば借入できる?


専業主婦がパートに出て少しでも安定した継続する収入を得られるようになると自分の力でカードローンを利用できます。

少しでも定期的な収入を得て、できるだけ長く続けることが借入審査通過の近道。

 

審査では申込者に収入があるかどうかは最重要視ポイントだからです。

 

この場合、総量規制のある消費者金融のカードローンも利用できるため選択肢の幅が広がります。

パートを始めて収入に合わせた利用限度額で申込みをすれば審査に通る可能性があります。

 

専業主婦が即日審査カードローンを使う方法


専業主婦でも即日でカードローンを利用するにはいくつかの方法があります。

ただしわずか数分で審査を終え即日融資する消費者金融は法律によって専業主婦は利用ができません。

 

ここでは、急な用立ての時に即日借入をするためにどうすれば良いのかを紹介します。

いざという時のためにご参考ください。

 

収入証明書不要で申し込むには?


収入証明書提出不要のカードローンはどのローンにおいても50万円以下の借入が対象です。

ただし、専業主婦の場合は収入もないので消費者金融は選択できず、結果銀行カードローンオンリーとなります。

 

消費者金融を利用する場合は50万円以下なら収入証明書は不要ですが、配偶者の同意を得る必要があります。

収入証明書が不要なメリットは、書類を用意する必要がないため提出するよりはスムーズに融資を受けられることです。

 

審査を速くするための申込み額は?


審査に通りやすくするためには申込み額をできるだけ小額にすることがポイントです。

審査は公開されていませんが、基本的に初回申込み審査では高額の限度額にはなりにくく申込み額によっては時間がかかります。

 

これはまだカードローン利用に対する信用がないからです。

もしも審査した上で申込み額より高い借入ができる場合はカードローン会社から案内されることもあります。

 

また、利用していく上で返済など利用に問題がなければ信用度が高くなり増額も可能です。

ですからできるだけはや融資を受けたい場合は、希望の申込み額は必要最小限にすることがオススメです。

 

大手銀行カードローンなら審査が速い?


大手銀行の銀行口座をお持ちの場合、その銀行のカードローンの利用はしやすくなります。

基本的に口座を持っているのが条件なので、先に口座開設をする手間が省けるからです。

 

また、銀行カードローンの場合、配偶者貸付があるので自分の収入がなくても借入ができのがポイント。

口座を持ち、審査がスムーズに済めば即日もしくは翌営業日には借入が可能です。

 

専業主婦に最もオススメしたい安心の大手銀行のカードローンです。

 

夫に内緒でカードローン契約をする方法


専業主婦は収入がなくても夫に内緒でカードローン契約をすることができます。

これは総量規制がなく、担保や保証人のないメガバンクのカードローンです。

 

よほどのことがなければ夫にバレることはありません。

ここではより夫にバレずにカードローン契約をする場合のいくつかのポイントを紹介します。

 

申込み時に担当者に連絡


シンプルに申込み時に担当者に家族には内緒で契約をしたいという旨を伝えましょう。

カードローンを申込みしたのがバレてしまう瞬間といえば電話確認時。

 

確認電話はわからないように個人名でかかってきますが、万が一を考えて相手に一言相談しておけば、もしもを回避できます。

 

在籍確認の必要がありません


カードローンの審査といえば在籍確認がありますが、専業主婦の場合は勤務先もないため在籍確認は必要ありません。

安定収入のある配偶者がいる専業主婦用のカードローンなので配偶者はあくまで保証人的立場であり在籍確認をされません。

 

借入は最大でも50万円未満と小額になりますが、在籍確認なしで専業主婦が利用できます。

 

返済遅延がバレる原因


内緒でカードローンの契約ができても返済に遅れたらバレる可能性は高くなります。

これは返済に遅れたら何かしらの方法で催促の連絡が来るからです。

 

この催促に応じずに連絡が取れなければ当然自宅や勤務先に電話がかかってきます。

遅延期間が長くなればなるほど自宅訪問などバレやすくなるため、確実にそして誠実に返済することです。

 

専業主婦のカードローン審査事情


無収入の専業主婦がカードローン利用する場合でも基本的に審査基準は変わりません。

審査は会社員でもパートや専業主婦でもあくまでも収入や属性などで審査結果が決まるからです

 

ですから、専業主婦だから審査が厳しくなるのではなく、審査に通過のために守るべきことに気をつけましょう。

審査通過のためには「正確な申告」「必要最小限の借入額」「他の借入を整理する」などが大切です。

 

ここでは専業主婦がカードローンを利用するにあたって限度額がどれくらいになるかを調べてまとめました。

 

専業主婦の利用限度額は?


専業主婦の利用限度額は、配偶の収入が関係ありますがその収入で生活することを踏まえて一般的に低くなります。

 

東京三菱UFJ銀行、みずほ銀行のカードローンは30万円まで。

イオン銀行、セブン銀行、楽天銀行のカードローンは50万円まで。

 

その他、限度額の指定のない銀行もあり希望額を申請できますが、一般的には30〜50万円くらいが妥当です。

 

専業主婦の利用OK!!クレジットカードキャッシング


収入のない専業主婦でも利用できるのがクレジットカードのキャッシングです。

この場合、収入のある配偶者の家族カードを利用しますが、専業主婦でもキャッシング枠がつく場合もあります。

 

ショッピング枠よりは審査が厳しくなりますが、審査に通ってキャッシングが使えればいざという時に助かります。

ここでは代表的なクレジットカードのキャッシングの特徴について調べてみました。

 

イオンカード

イオンカードのキャッシングは全国15万台ものATMやCD機でできるのでどこにいても急な出費をサポート。

また、海外からのキャッシングも可能でちょっとした買い物なら両替いらずで過ごせます。

 

さらにネットや電話からの申込みで即時口座に振込めるので引き落とし時に残高不足でもサッと振り込めて便利。

返済は一括払いとリボ払いから選べますが、ATMから随時支払いができて早めに返済したい場合に助かります。

 

セディナカード

セディナカードのキャッシングは国内外の銀行やコンビニのATMやCDでキャッシングができる便利なサービス。

また、オンラインでPCやスマホ、もしくは電話で振込キャッシングの申込みができるのでどこにいても口座振込OK。

 

即時振込を選択すれば、すぐに指定口座に振り込めて残高不足で入金に行けないピンチの時も大変助かります。

さらに入会日から30日以内は初回利用が無利息になる嬉しい入会特典もあります。

 

楽天カード

楽天カードのキャッシングは国内でも海外でもCD・ATMでいつでも利用できるいざという時の強い味方。

またインターネットなら24時間いつでも申込みできて最短数分で振込キャッシングが可能です。

 

返済は1回払いとリボ払いから選択、毎月の引き落とし額を変更して繰上げ返済したりなど都合に合わせて速い完済も可能。

きちんと返済して良好に活用していれば、半年程度で増額を申請して認められることもありです。

 

専業主婦の借入におすすめ!銀行カードローン


専業主婦がお金を借りるには総量規制に引っかからない銀行カードローンがおすすめです。

さらに銀行カードローンはメガバンクで安心、しかも金利が低いのが特徴です。

 

ここでは、専業主婦でも利用できる代表的な銀行カードローンについて調べてまとめました。

 

セブン銀行カードローン


セブン銀行カードローンは審査スピードが最短10分と業界の中でも際立つ速さが特徴です。

10・30・50万円と他社と比較して利用限度額は低めですが、これが審査の速さの秘密。

 

専業主婦でも低めの限度額だから、配偶者に安定した収入があれば返済能力があるとすぐに判断されて利用可能です。

返済は5千円、1万円、1万5千円と都合に合わせて返済でき、着実な返済をすればnanacoポイントももらえる特典付きです。

 

セブン銀行カードローンを夫に内緒に申し込む手順

セブン銀行カードローンでは夫に内緒で申し込みができます。

セブン銀行カードローンを利用条件には夫の安定した収入がなくてはなりませんが、在籍確認はありません。

 

ですから契約後に送付されるカードにだけ気をつければ、夫にバレる心配はありません。

 

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは金利1.9〜14.5%とネット銀行ならではの低金利が特徴です。

利用限度額は最高800万円、WEBからいつでも申し込みができてさらにいつもの口座に振り込み可能です。

 

楽天銀行だから24時間スピーディに振込ができるのでいざという時の心強い味方となります。

全国のコンビニのATMで利用できて、好きな時に必要な分だけ利用できる便利なサービスです。

 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは金利2.0〜14.0%とメガバンクならではの安心低金利です。

WEBで申込みを完結できるので来店も郵送も不要、いつでもどこでも申込みができるので忙しい人にも便利。

みずほ銀行カードローンの融資申込み方法※利息や返済方法徹底調査

みずほ銀行カードローンの融資申込み方法や返済方法、利息、増額方法などをまとめたページです。 今後みずほ銀行カードローンのご利用を検討されている方のために このページでまとめていること みずほ銀行カード ...

 

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは少額でも必要な分だけ借入ができるのが特徴です。

10万円以下の借入もできて、毎月の返済は2000円からと都合に合わせやすく、また余裕がある場合は多めの返済も可能。

 

金利1.9〜14.6%と低メガバンクならではの安心低金利で、利用限度額は最高級の1000万円。

少ない負担でいざという時のサポートとなり便利に活用できるカードローンです。

 

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローンは毎月返済額1000円からと低額で余裕があるときは多めの返済ができるなど返済のしやすさが特徴。

またEメールサービスで返済忘れのないようお知らせや各種サービスの案内で返済をサポートしてくれるので安心。

三菱UFJ銀行バンクイック申込み方法│返済・利息・増額方法まとめ

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の申込み方法や返済方法、借入条件などを詳しくまとめたページです。 このページでまとめていること バンクイックの申込み方法は? バンクイックでお金を借りる条件は ...

 

専業主婦が貸金業者利用不可はなぜ?


専業主婦が貸金業者を利用できないのは「総量規制」という貸金業法があるからです。

これまで好きなだけお金を借りられて返って借金に悩む人が増えたために定められました。

 

この「総量規制」で定められた内容とは年収の3分の1以上借入ができないという規制です。

よって、全く収入のない専業主婦は0円の年収のため、借入できる金額も0円となります。

この規制はカードローン、クレジットカードのキャッシング枠にも当てはまります。

 

それでもなお専業主婦が借入できるのは配偶者貸付があるからです。

「総量規制」ではこの配偶者貸付を例外として、専業主婦の配偶者に安定した年収があれば、それを主婦の収入とカウントします。

 

ブラック専業主婦が借りられる消費者金融


ブラック専業主婦になった人は信用情報機関に金融事故として登録されるため借りられる消費者金融は基本的にありません。

ブラックとは債務整理や長期延滞、短期間で複数に申込みをするなど様々な理由です。

 

複数の申込みは約半年、債務整理や長期延滞などは5年から10年程度、事故情報が消えるまでは借入ができません。

 

ブラック専業主婦が借りられる消費者金融はあるか?


もしも、ブラック専業主婦が借りられる消費者金融があれば、それは法外な金利で貸付をする悪徳業者なので十分注意が必要です。

それでもどうしてもお金が必要な場合は質屋の利用がオススメ。

 

質屋は、お金を借りるための相応の価値のあるものを質預けにするシステムで信用情報は関係ないからです。

タンスの肥やしになっているブランド品や装飾品などがあれば質屋を利用しましょう。

 

収入があれば主婦でも即日融資!オススメのカードローン


主婦でも定期的に収入を得られるようになったら、即日融資可能な消費者金融のカードローンが利用できます。

消費者金融のカードローンは金利が若干高めですが、無利息期間やスピード審査などお得なサービスがたくさん。

 

主婦のパートでも毎月安定した収入があれば利用できるカードローンの選択肢の幅が広がります。

ここでは収入がある主婦にオススメの即日融資可能なカードローンをご紹介します。

 

プロミス

プロミスは、WEB申し込みなら最短1時間で融資を受けることができるスピーディ審査が特徴です。

24時間365日いつでも申込み可能で仮審査は最短30分、契約後はわずか10秒で借入ができます。

プロミスの申込み方法や借入条件│金利・限度額・返済方法まとめ

プロミスの申込み方法、借入条件、金利や限度額、そして返済方法などを詳しくまとめたページです。 このページでまとめていること プロミスってどんな申込み方法があるの? どんな条件で借入できるの? いくらま ...

 

アイフル

アイフルは、最短30分で審査完了、即日融資も可能な大手の消費者金融です。

WEB完結契約だから24時間年中無休で、しかも誰にも知られずに申し込みから契約までできます。

アイフルの申込み方法や審査の流れ徹底解説!金利や借入条件・返済方法は?

アイフルでお金を借りる際に知っておきたい申込み方法や審査の流れ、金利、返済方法などを詳しくまとめたページです。 このページでまとめていること アイフルの申込み方法や借入条件は? アイフルの審査はどんな ...

 

借金が家族や旦那にバレたときの言い訳


カードローンの利用は気をつければ家族や旦那にバレないようにすることができます。

しかし一緒に暮らしている以上、ふとしたきっかけで借金がバレてしまうことも。

そんな時に隠されていた家族や旦那は怒ってしまうかもしれないし、呆れられてしまうかもしれ

ません。

そこで借金がバレた時になんて言い訳するべきか、最善の言い訳をネットで調べてみました。

 

正直に言う


借金が子供のためであれ、毎日の生活費であれ、自分の衝動的な買い物であれ、正直に話すことが一番。

相手を怒らせないようにと思って嘘をついても、その嘘がバレてしまえばより怒らせてしまう可能性があります。

 

真摯に本当の理由を話して隠していたことを謝りましょう。

特に嘘が苦手でボロが出てしまうような性格の人は言い訳をするべきではありません。

きちんと話せば家族も旦那も理解してくれるはずです。

 

急な出費があった


とても下手な言い訳ですが、とても理解してもらえやすい言い訳です。

普段から浪費しているのではなく。遊び呆けているのではなく、一時的にお金が足りなかったと言われたら仕方ないこと。

 

今後続くことでもないし、イレギュラーなことなら許してもらえる可能性は高いです。

もちろん同じようなことを繰り返せば信用がなくなりますが、1,2度なら聞いてもらえるでしょう。

 

心配させないため


若干卑怯な言い訳ですが、相手を思いやって隠して借金していたと言われると相手はそう強く言えないものです。

普段から家族思いで、無駄遣いしない人などには悪くない言い訳と言えます。

 

旦那の性格によってはそういった気遣いに対して怒る人もいるので相手の性格をよく判断して使いましょう。

 

専業主婦が毎月返済を確実にするためにできること


専業主婦が借入をして毎月しっかり返済するためには家計をしっかり管理することが大切です。

借りたからには返していくことを前提に生活することです。

 

ここでは、毎月返済を確実にするためにできることをピックアップしました。

借入をして返済に困っている人やこれから借入しようと考えている人にご参考にしていただければと思います。

 

無理のない返済計画を立てる


基本中の基本ですが、無理のない額で返済する計画にして契約をしなくてはなりません。

見込みで高めに設定すると当然毎月の返済は厳しくなります。

 

無理をするとどうしても途中でシワ寄せがきてしまい結果返済が遅れてしまう結果に。

借入をする時には必ず無理のない返済計画を立てましょう。

 

続けて借入をしない


借入をして返済している途中に、枠があるからと安易に借入を続けてはいけません。

借入するルールとして最小限の額にして無理のない返済をすることが重要。

 

できるだけ完済してから次の借入をするように自分なりにルールを決めましょう。

 

パートを始める


専業主婦ではなく何かしらのパートでもいいので収入を得る方法です。

どんなに短時間でも収入があれば返済に充てられ確実に返していくことに繋がります。

 

場合によっては予定よりも多い額を返済できるてより速い完済をすることも可能。

収入の方を増やすと言う形は返済において最もベストな手段と言えます。

 

公的機関の融資制度で借入をする方法


専業主婦がお金に困った時に公的機関の融資制度を利用して借入ができます。

日本では国民は生活を送る上でどうしてもお金のサポートが必要になった時に助けてくれる手段があります。

 

具体的に専業主婦が利用できるのはどんな融資制度があるかと言えば、最も関係してくるのは出産をしてから。

出産手当金から始まり、出産育児一時金、産前産後に休んでいる時の社会保険料免除、育児休業給付など。

 

さらに育児・介護者生活資金融資制度や国の教育ローンなどがあります。

これらの公的機関の融資制度を使うメリットは、金利が低いことや、返済期間が長めに設定できることです。

ただし、これらの公的機関の融資制度は各自治体によって条件が若干異なるので事前の確認が必要です。

 

融資制度の詳細やまたその他の支援など詳細を知りたい方は、こちらのページ(無利息でお金借りる方法まとめ※公的機関・カードローン・個人間など)も参考にしてください。

 

まとめ


専業主婦の方でも様々な方法でお金を借りれることがわかりました。

ただしお金を借りるということは、当然のことながら返済をしなければいけません。

 

返済困難な状況になり後悔しないためにも、お金を借りる前にはきちんと返済計画を立てるようにしましょう。

そして必要最低限の借入にしておくことが重要です。

-お金借りる
-, ,

Copyright© レンタビ , 2018 All Rights Reserved.