お金を借りる。借金返済、債務整理などお金にまつわるお悩みを解決する情報集

レンタビ

銀行カードローン

ジャパンネット銀行カードローンの融資申込み方法│返済・借入・増額など

投稿日:

ジャパンネット銀行カードローンを利用しての融資申し込み方法や返済方法、増額申請などについてまとめているページです。

このページでまとめていること

ジャパンネット銀行カードローンの申し込み方法は?
ジャパンネット銀行カードローンの借入条件は何?
ジャパンネット銀行カードローンの審査の流れは?
他行と比較して利息は高い?低い?
ジャパンネット銀行カードローンの利用限度額はいくら?

など、ジャパンネット銀行カードローンについて徹底的にリサーチしました。

これからジャパンネット銀行カードローンへの申し込みを検討されている人、また現在利用中の人で利息や増額方法などを知りたい人などの参考になればうれしいです。

※2018年7月時点の内容です。変更されている可能性もありますので詳細な情報は公式サイトにてご確認ください。

 

ジャパンネット銀行カードローンの申込み方法


ジャパンネット銀行カードローンを利用する場合、口座を持っている人と持っていない人で申込み方法が異なります。

ここではジャパンネット銀行カードローンの申込み方法について調べてまとめました。

 

ジャパンネット銀行カードローンの申込みをご検討の方などに、ご参考にしていただければと思います。

 

口座を持っている人

来店不要でスマホやパソコンからいつでも申込みができます。

スマホやパソコンもしくは郵送で本人確認資料を提出。

 

利用限度額などの審査結果はメールにて連絡があり、借入はオンラインですぐに利用できます。

公式サイトのお申込み方法の「口座をお持ちの方はコチラ」から申込みスタートできます。

 

口座を持っていない人

来店不要でスマホやパソコンから口座開設とネットキャッシングを申込みします。

スマホアプリか郵送で本人確認資料を提出。

 

利用限度額などの審査結果はメールにて連絡があり、キャッシュカードとトークンを受け取ります。

トークンの初期設定をした後に借入はオンラインですぐに利用ができます。

 

公式サイトの「普通預金口座+ネットキャッシングお申し込みはコチラ」から申込みスタートできます。

 

ジャパンネット銀行カードローンの借入条件と必要書類


ジャパンネット銀行カードローンの申込みには借入条件があり、全て満たした人のみが申込み可能です。

ここでは、ジャパンネット銀行の借入条件と必要書類について調べてまとめました。

 

カードローンのお申込みを考えている人は、ぜひ、参考にしてください。

 

ジャパンネット銀行カードローン借入条件

申込み時20歳以上70歳未満の人で、仕事(パート・アルバイト可)をして安定した収入がある場合。

専業主婦の場合でも、配偶者に安定した収入があれば利用可能です。

 

また、ジャパンネット銀行に普通預金口座があるもしくは申込み時に開設予定で、一定の審査基準を満たしている人に限ります。

 

ジャパンネット銀行カードローン必要書類


ジャパンネット銀行カードローン申込みには本人確認書類と収入証明書が必要です。

それぞれの書類について有効な書類は以下の通りです。

 

本人確認書類

運転免許証、個人番号カード、パスポート、健康保険証、健康基本台帳カード、印鑑証明書、住民票の写しのいずれかになります。

また、各種年金手帳の写し+補助資料原本、身体障害者手帳など各種福祉手帳の写し+補助資料でも可能です。

 

収入証明書

【給与所得者】
源泉徴収票、住民税課税決定通知書、住民税課税証明書、給与明細(さいしん2ヶ月分+あれば最新の賞与明細)
【個人事業者】
確定申告書、納税証明書、住民税納税通知書、住民税課税証明書

 

ジャパンネット銀行の審査の流れ


ジャパンネット銀行カードローンは最短で翌日結果がわかるスピーディ審査です。

まずはジャパンネット銀行の公式サイトから申込みを行い、口座のない人は同時に申込みをします。

 

申込み後は本人確認書類、必要な場合は収入証明書類をアップロードもしくは郵送します。

審査の際には勤務先への在籍確認の電話が必ずあります。

 

審査結果は早くても翌日で同時にジャパンネット銀行の保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社からも審査されます。

 

審査に落ちる理由

ジャパンネット銀行カードローンの審査に落ちた場合、その理由については公開されません。

 

審査落ちとなるおおよその原因は以下の通りです。

○他社からの借入額が多い
○他社からの借入件数が多い
○自己破産などの債務整理をした
○勤続年数が短い
○過去5年以内にローンなど返済を3ヶ月以上延滞した

などで、身に覚えがある場合は原因を先に解決することが大切です。

 

ジャパンネット銀行カードローンの金利と他社との比較


ジャパンネット銀行カードローンは利用限度額によって金利が異なります。

 

利用限度額は100万円未満から1000万円までで金利は2.5〜18.0%、詳細は以下の通りです。

【100万円未満】18.0%
【100〜150万円未満】15.0%
【150〜200万円未満】12.0%
【200〜250万円未満】10.0%
【250〜300万円未満】8.0%
【300〜400万円未満】6.5%
【400〜500万円未満】6.0%
【500〜600万円未満】5.5%
【600〜700万円未満】5.0%
【700〜800万円未満】4.0%
【800〜900万円未満】3.5%
【900〜1000万円未満】3.0%
【1000万円】2.5%

 

他社との金利比較

ジャパンネット銀行カードローンの金利を他社のカードローンと比較してみました。

 

利用限度額と金利を比較すれば、自分の負担を抑えてベストな借入ができます。

【ジャパンネット銀行カードローン】2.5〜18.0%
【みずほ銀行カードローン】2.0〜14.0%
【りそな銀行カードローン】3.0〜11.975%
【SMBCモビットカードローン】3.0〜18.0%

ジャパンネット銀行カードローンは最高金利が18.0%と高めですが、利用限度額が大きく、高くなればなるほど金利が安くなり、最低金利は2.5%と他社と比べてもまずまずです。

 

無利息の借入サービス


ジャパンネット銀行カードローンは初めての利用で30日間無利息の借入サービスがあります。

30日間とは、初回借入をした日からカウントで途中約定返済日が来た場合も元金のみの返済でOK。

 

30日までに完済ができなかった場合は、残高に対して通常の利息がかかります。

 

無利息にならない場合

○約定返済を延滞した場合
○無利息期間が過ぎたローンから別のローンに契約し直した場合
○極度型ローン契約を解約した場合

などで、特に無利息期間中の約定返済日には絶対遅れないように注意しましょう。

 

ジャパンネット銀行カードローンの利用限度額と増額


ジャパンネット銀行カードローンの利用限度額は最高1000万円です。

この限度額について自分の希望ではなく審査によって決まるため審査を受けなくてはわかりません。

 

安定した収入であり、かつ信用情報に事故がなければ、おおよそ年収の4分の1から3分の1が妥当と言えます。

 

増額する方法

ジャパンネット銀行カードローンは定められた利用限度額を増額できます。

増額は電話やネットで申込みができ、その際には新たな審査が行われます。

 

審査で重要なのは、安定した収入と利用実績、この二つがクリアするべき項目ですが転職直後はお勧めできません。

これは新しい職場に移ったことで安定収入かの判断が難しく、返済能力に関係があるからです。

 

増額の審査が通って利用限度額が上がれば、その分金利が下がる場合もありメリットがあります。

 

ジャパンネット銀行カードローンの返済方法


ジャパンネット銀行カードローンの返済は、毎月の約定返済日に普通預金口座から自動引き落としになります。

約定返済日は1〜28日もしくは月末から自由に選択可能。

 

借入日から約定返済日が20日以内に来る場合は翌月からの返済になります。

返済方法はログインして極度型ローン返済から返済額を入力すると指定の口座から引き落としとなります。

 

約定返済日の返済方式

ジャパンネット銀行カードローンの返済は残高スライド元利定額返済方式AとBがあります。

Aは返済額が少なめでゆとりを持った返済方法、Bは返済額を多めにしてできるだけ早く完済できる返済方法です。

 

この二つの返済方法は随時変更することができます。

 

約定返済日以外の返済方式

ジャパンネット銀行カードローンでは約定返済日以外にも一部返済と全額返済ができます。

一部返済では、元金の一部を返済でき、いつ返済しても約定返済日の返済は必要です。

 

全額返済では利息を含む借入額全額を返済します。

 

ジャパンネット銀行カードローン公式アプリでできること


ジャパンネット銀行カードローンを利用する際には公式アプリを使うと簡単便利に活用できます。

公式アプリには残高確認、認証パネル、書類送信、ビジネスアプリなど便利な機能がたくさんあります。

 

公式アプリは画面上の9つの丸を設定したパターンでなぞるだけの簡単ログイン。

ここではジャパンネット銀行カードローンの公式アプリでできるサービスの詳細についてご紹介します。

 

残高確認

VISAデビットや自動引き落としの状況などを口座の状況をいつでもどこでも確認できるサービスです。

残高確認の左のメニューをクリックするとお金のイラストのボタンから借入が可能。

 

口座の残高が不足している時や、急いで借入したい時などに大変便利です。

 

認証パネル


口座からの振込時にトークンの代わりに本人認証のできるサービスです。

トークンを携帯するのが面倒な人や、外出時に忘れてしまった場合などに便利です。

 

書類送信

キャッシングや増額の手続きなどで必要書類がアップロードできるサービスです。

いつでもどこでも画像が送信できるので忙しくて時間の取れない人に助かります。

 

ビジネス

どこでも入出金明細やVISAデビット取引明細が確認できるサービスです。

また、複数の振込先に振り込める便利なグループ振込機能があります。

ジャパンネット銀行カードローンの口コミ

税金の支払いでどうしても不足分があり、ジャパンネット銀行のカードローンを利用しました。

小額だと金利はやや高いかなと思ったのですが、審査がスピーディですぐに借入できて助かりました。

 

毎月3万円ずつ返済してあともう少しで完済、無理なく返済できてよかったです。

今後も、もしもの時はまた活用したいと思います。

ジャパンネット銀行のカードローンの金利はまあまあですが、自動借入対応があるのが便利だと思います。

返済も口座から自動引き落としなので、残高さえ確認しておけば返済忘れの心配がありません。

 

ネットで簡単に申し込みができたし、面倒のないいまどきなローンサービスだなと思います。

これからもお給料前などのピンチの時などに使っていくつもりです。

噂には聞いていたのですが、利用限度額が高めで審査に通りました。

他の消費者金融では30万までだったのが、ジャパンネット銀行カードローンでは50万円。

 

金利は低いとは言えないのですが、もしもの時のためにと思うと少しでも限度額が高いのは助かります。

手続きや借入がネットでできるのがとても便利だと思います。

 

まとめ


ジャパンネット銀行カードローンの申込み方法や金利など役立つ情報を調べてご紹介しました。

銀行カードローンですがネットバンクだけあって、オンラインサービスが充実し、シンプルなのが特徴です。

 

審査の速度も金利の高さも他のカードローンと比較してもまずまずのローンサービス。

ネットバンキングを便利に活用したい人やすでにジャパンネット銀行の口座をお持ちの方などにおすすめです。

 

※2018年7月時点の内容です。変更されている可能性もありますので詳細な情報は公式サイトにてご確認ください。

-銀行カードローン
-, , , ,

Copyright© レンタビ , 2018 All Rights Reserved.